婦人

ほくろは専門機関で取れる|ベテラン医師に任せよう

きれいに除去して悩み解決

美容整形

チャームポイントになる

ほくろは「黒子」と書きます。ほくろのできる場所によっては、チャームポイントにもなるしコンプレックスにもなりえます。コンプレックスになっている場合、美容手術で除去するとよいでしょう。ほくろの除去は整形で簡単に行えます。一般的には、局所麻酔を行い、レーザー治療や切除手術を行います。皮膚科や美容外科での受診やカウンセリングを必ず受けましょう。場合によってはほくろのできた場所や大きさなどで、ほくろに似た悪性腫瘍の場合もあります。除去する前に、必ず医師の診断をあおぎましょう。また、ほくろは一昔前まで、生まれつきもっているものという認識でした。しかし、実際生まれたばかりの赤ちゃんにはほくろはありません。成長に伴い、少しずつ増えていくことがわかっています。ほくろが増える原因は主に紫外線です。成長して外に出て行くことが増える幼児から、だんだんとほくろが増えていくのです。紫外線を浴び続けることで、肌にメラニン色素が出来ます。このメラニン色素が増えすぎるとほくろができるのです。ほくろが増えすぎて整形をした場合も、再発を防ぐために紫外線対策は必要になります。手術後も、きちんとケアを行なうようにしましょう。

紫外線対策が重要です

ほくろはなるべく、無いほうがいいと考えている女性がほとんどです。しかし、ほくろは気を付けていたつもりでも、意外と見えないところにできていて、がっかりしてしまうこともよくありますよね。最大の原因である紫外線対策をしっかりとすることで、メラニン色素を少しでも抑えることができます。この紫外線を防止するには紫外線防止用化粧品や日焼け止めクリームが必須アイテムです。日焼け止めクリームでよく表示されている「SPF」「PA」とは紫外線防止効果の高さを示す数値です。どちらの数値も、高いものほどいいというわけではありません。SPFは生活シーンに合わせて使い分けましょう。SPF値が高くなるほど、肌に負担がかかり逆効果となります。上手に利用してメラニン色素の活動を抑えることで、結果的にはほくろが増えるのを防ぐことになります。ただし上記の方法はあくまで予防であり、できてしまったほくろを除去する方法ではありません。紫外線対策を行ってもほくろが発生する可能性はあるので、その際には美容整形によって除去する必要があります。美肌を手に入れるためには、予防と対処とふたつの方法を知っておくとよいでしょう。